No タイトル 原作者・漫画家 掲載誌 コメント
あしたのジョー 高森朝雄・ちばてつや マガジン マンガ史上に燦然と輝く金字塔。現代のマンガは純文学を超えたことを証明できる。
北斗の拳 武論尊・原哲男 ジャンプ 「わが生涯に一片の悔いなし」ラオウの死にざまはカッコよすぎ。
巨人の星 梶原一騎・川崎のぼる マガジン マガジン編集部と梶原一騎が吉川英治の「宮本武蔵」に挑んだ骨太大河ドラマの傑作
タッチ あだち充 サンデー ブスもいたが、スポーツ美少女を総称して“みなみちゃん”と呼ぶ現象まで引き起こした
ドカベン 水島新司 チャンピオン 水島新司のキャラの描きわけには脱帽する。それだけに現実と絡ませて欲しくなかった
DRAGON BALL 鳥山明 ジャンプ ピッコロ登場を境に冒険ものから格闘ものに転向して大ブレーク。ジャンプの看板作品
キン肉マン ゆでたまご ジャンプ 私的なベストバイトはラーメンマンVSウォーズマンの金網デスマッチです。壮絶!
タイガーマスク 梶原一騎・辻なおき ぼくらマガジン 現実にまで登場したメディアミックスの先駆的作品。でもポポ・アフリカはないだろう。
デビルマン 永井豪 マガジン 日本はもちろん世界規模で、その後のマンガ、映画に影響を与えた週末マンガの傑作。
10 リングにかけろ! 車田正美 ジャンプ ギャラクティカマグナム炸裂!大迫力で迫る見開き1コマは決して手抜きではない。
11 銀河鉄道999 松本零士 キング 「男おいどん」の四畳半的ハコ庭世界を宇宙で繰り広げた松本零士の代表作。
12 キャプテン翼 高橋陽一 ジャンプ 無敵のキーパー若林はケガに悩まされているなど、実はキャラ作りもしっかりしている。
13 ルパン三世 モンキーパンチ アクション 現在、モンキーパンチ監修のもとで描かれる新人の作品も読み応えがあります。
14 火の鳥 手塚治虫 コミックマガジン 生きること、そして死ぬこととは何かを問いかける手塚治虫のライフワーク。
15 俺の空 本宮ひろし プレイボーイ 男30代。ケンカ、男の生き方、そして女……。みーんな本宮が教えてくれた。
16 キャプテン ちばあきお ジャンプ 初代キャプテン谷口の高校時代を描く続編「プレイボール」も忘れられない。
17 ブラックジャック 手塚治虫 チャンピオン ヒューマニズム漫画と思われがちだが、初めは恐怖コミックと銘打たれていたのをご存知?
18 みゆき あだち充 ビッグコミック こんなうらやましい環境で生まれてみたいと思ったヤツ、推定1000万人。
19 めぞん一刻 高橋留美子 スピリッツ こんな下宿にあこがれて東京に出てきたが、人の無関心さ、物価の高さに嘆いた者数知れず。
20 ガキデカ 山上たつひこ チャンピオン チャンピオンの黄金期をささえたギャグマンガ。「死刑!」など流行語も忘れがたい。
TOPページお知らせメニュー
21 マカロニほうれん荘 鴨川つばめ チャンピオン キンドー日陽・40歳の高校生より年上で高校入学した大仁田厚はもはや生きるギャグ!?
22 うる星やつら 高橋留美子 サンデー アニメのせいでラブコメと思われがちだが、実はキャラクターギャグマンガなのである。
23 シティーハンター 北条司 ジャンプ よく黒板に「XYZ」と落書きしたもんだ。誰も来やしないのはわかってるのに。
24 スラムダンク 井上雄彦 ジャンプ セリフも擬音もなく繰り広げられた山王とのラストバトル。そのコマ割りはもはや伝説!!
25 エイトマン 平井和正・桑田次郎 マガジン 今見てもシャープでスタイリッシュで斬新。日本のSFを代表する作品。
26 サイボーグ009 石ノ森章太郎 サンデー 石ノ森章太郎の未完のライフワーク。原作の遺稿があるというだけにその発表が待たれる。
27 ドラえもん 藤子F不二雄 小学館学年誌 のび太が小学校4年なのは作者の息子が当時4年生だったかららしい。
28 マジンガーZ 永井豪 ジャンプ 桜田吾作の描くアナザー・マジンガー・サーガも骨太で読みごたえあり。
29 鉄人28号 横山光輝 付録マンガ かわいい男の子好きをショタコンというのは正太郎くんからきているのだ。
30 鉄腕アトム 手塚治虫 少年 アトムがサーカスに売られるというのが時代を物語る。いまならジャニーズかな。
31 サーキットの狼 池沢さとし ジャンプ 続編「モデナの剣」では車に乗らずに女にばかり乗っていた。
32 がんばれ元気 小山ゆう サンデー スポ根の概念を打ち破り、さわやかな青春を歌い上げた。親子人情ものといったほうが。
33 天才バカボン 赤塚不二夫 マガジン ギャグを通り越し、言葉と表現の概念を突き詰めたギャグマンガの最高峰。
34 バリバリ伝説 しげの秀一 マガジン 現実に暴走族でない多くの走り屋を生みだした。走行の擬音が凄い。
35 サラリーマン金太郎 本宮ひろし ヤングジャンプ 30代サラリーマンのバイブル。でもこんなことしてたらクビ、いや刑務所行き。
36 キャッツアイ 北条司 ジャンプ 80年代のスカスカ文化のにおいがプンプン。
37 翔んだカップル 柳沢きみお マガジン 元祖にして完成された少年誌ラブコメの金字塔。現在の優柔不断男の原点がここに。
38 カムイ伝 白土三平 ガロ カムイの奥技・イヅナ落としはキン肉マンの必殺技・キン肉ドライバーに似ている。
39 あぶさん 水島新司 スペリオール 水島新司の執念のたまもの。ほんとにダイエーが優勝しちまった。
40 Dr.スランプ 鳥山明 ジャンプ 80年代ポップギャグの傑作。後半の冒険ものは「DRAGON~」への布石。
TOPページお知らせメニュー
41 1・2の三四郎 小林まこと マガジン 「パート2」で格闘スタイルの相手をブレーンバスターで倒すのには泣いた。
42 ゴルゴ13 さいとうたかお ビッグゴールド デューク東郷のモデルは小学館編集部に実在する?
43 サザエさん 長谷川町子 朝日新聞 典型的日本人像を磯野家として世界中にアピールすれば変な誤解もないのでは。
44 愛と誠 梶原一騎・ながやす巧 マガジン 梶原版ロミオとジュリエット。
45 忍者武芸帳 白土三平 三洋堂(貸本) 白土三平の博学には驚くばかり、でもやっぱり荒唐無稽。
46 こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 ジャンプ 国民的怪物漫画。ただいまギネス更新中。
47 ゲッターロボ 永井豪・石川賢 サンデー ロボットが血を流して戦うさまは圧巻!
48 コブラ 寺沢武一 ジャンプ 日本発のアメリカン・コミック。コブラはジャン・P.ベルモンドがモデル?
49 ワイルド7 望月三起也 キング 「続・新ワイルド7」までまるで変わらなかったバイオレンスアクションは特筆もの。
50 男一匹ガキ大将 本宮ひろし ジャンプ 学生運動とシンクロして異常な盛り上がりをみせた番長マンガ。
51 ブラックエンジェルズ 平松伸二 ジャンプ 現代版必殺仕事人だったはずがいつのまにやら超能力戦争に。
52 オバケのQ太郎 藤子不二雄 サンデー 最終回というべき「劇画 オバQ」が漫画好き少年だった人には涙なくして見られない。
53 男組 雁屋哲・池上遼一 サンデー 100点満点で200点を取る神竜になら「民衆はブタだ」といわれてもしょうがねぇか。
54 空手バカ一代 梶原一騎・つのだじろう マガジン 「この男は実在する」感銘を受けた若者が極真の門をたたき、多くの猛者を生んだ。
55 侍ジャイアンツ 梶原一騎・井上コウ ジャンプ アニメと異なり最後はマウンド上で死す。
56 め組の大吾 曽田正人 サンデー 多くの映画人が映画化したいと言っているが日本の映画技術でどこまでやれる?
57 パーマン 藤子不二雄 サンデー 最終的にはオヤジの金で解決する「バケルくん」が好きだ。
58 エリア88 新谷かおる 少年ビッコミ 新谷かおるの自画像はアルカディア号の乗組員に似ている。
59 仮面ライダー 石ノ森章太郎 マガジン ライダーがマスクをかぶる理由は怒ると浮かび上がる手術のあとを隠すため?
60 釣キチ三平 矢口高雄 マガジン 最終回に釣りさせろと国会まで押しかけちゃうのがスゴイ。
TOPページお知らせメニュー
61 修羅の門 川原正敏 マガジン オリジナルの古武道とオリジナルの技。現代格闘技を語る上でもはずせない作品。
62 疾風伝説 特攻の拓 佐木飛朗斗・所十三 マガジン チンピラ&ヤンキー作画の大御所・所十三の代表作。
63 ジャングル大帝 手塚治虫 少年 手塚治虫の名キャラクター・ヒゲオヤジが脇役でなく主役として活躍。
64 ど根性ガエル 吉沢やすみ ジャンプ キャラクターが秀逸。でもアニメのほうが数倍面白く人気もあった?
65 野球狂の詩 水島新司 マガジン 東京メッツのキャップとか商品化したら売れるのでは?
66 オフサイド 堀内夏子 マガジン 女性ならではのタッチで描かれたサッカー青春もの。
67 アストロ球団 遠崎史朗・中島徳博 ジャンプ 反則だらけの野球大会という内容だが、その表現は斬新を極める。
68 バビル2世 横山光輝 チャンピオン 世界征服、超能力という言葉がまだリアリティーのある古きよき時代の傑作SF。
69 嗚呼!! 花の応援団 どおくまん アクション クエックエッ! 青田赤道の行くところ敵はないのだ!役者やのオ~
70 MASTERキートン 浦沢直樹 スピリッツ 「YAWARA」から「MONSTER」まで幅広いジャンル、さすが浦沢。
71 湘南爆走族 吉田聡 キング 今や立派な俳優となった織田&江口のデビュー映画の原作。
72 AKIRA 大友克洋 ヤングマガジン 海外にまで多くの信奉者のいるジャパニーズ・サイバーパンクコミックの最高峰。
73 哭きの竜 能篠純一 近代麻雀 麻雀をまったく知らなくても竜の勝負を固唾を飲んでのめりこんだ。
74 聖闘士星矢 車田正美 ジャンプ 聖衣がオモチャになりやすい素材だっただけに、アニメ化され大ヒット。
75 トイレット博士 とりいかずよし ジャンプ メタクソ団の「友情・努力・勝利・団結」はそのままジャンプの相言葉に。
76 ハイスクール鬼面組 新沢基栄 ジャンプ 変態ギャグがアニメに影響されてラブコメ色が出てきて自滅。
77 うしおとら 藤田和日郎 サンデー 長期連載でありながら大団円に終息する構成はお見事。
78 漂流教室 楳図かずお サンデー 何を描いても20年は早すぎると言われる作者、そろそろ何か新作を。
79 寄生獣 岩明均 アフタヌーン SFでありながら人間の存在意義まで問う奥の深さ。
80 本気! 立原あゆみ チャンピオン スタイリッシュなチンピラ像は若者に大受け。
TOPページお知らせメニュー
81 東大一直線 小林よしのり ジャンプ 「パープリン」「ポルノリ」「パーぺき」など作者の異常言語感覚がさえる。
82 ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる マガジン 原作の鬼太郎はけっこうグータラ野郎でもある。
83 槐!男塾 宮下あきら ジャンプ 最終回、無敵のはずの桃太郎がヤクザに負けそうになるのはガキのケンカか。
84 ドーベルマン刑事 武論尊・平松伸二 ジャンプ マンガもテレビも刑事が殉職するってのはこの頃の流行なんですね。
85 のらくろ 田河水泡 少年倶楽部 のらくろはかなり上官に逆らう。実は軍国漫画というより反戦漫画だったりする。
86 ゲームセンターあらし すがやみつる コロコロコミック 「炎のコマ」今のゲームじゃほとんど通用しないよな。
87 男おいどん 松本零士 マガジン 70年代フォークを聞き、ラーメンライスを食いながら読みたい。おいどんはやるど!
88 スプリガン たかしげ宙・皆川亮二 サンデー アフター大友のSF傑作。現在連載中の「ARMS」もよく練りこまれている。
89 すすめ!パイレーツ 江口寿史 サンデー まだ白いワニが見えていない頃の作者が唯一まともに描いた漫画。
90 人造人間キカイダー 石ノ森章太郎 サンデー ピノキオをモチーフとして描かれた人間にあこがれる人造人間の悲哀。
91 ウィングマン 桂正和 ジャンプ ヒーロー漫画と思いきや、単なるラブコメに終始したふぬけ作家の連載デビュー作。
92 みんなあげちゃう 弓月光 ヤングジャンプ ヤンジャンの創世記をささえたHラブコメ。子供にはちょっと目の毒。
93 シェイプアップ乱 徳弘正也 ジャンプ 「もっこリ」の流行語をうみだし、ハレンチ学園以来ジャンプにスケベを復活させた。
94 るろうに剣心 和月伸広 ジャンプ スタイリッシュ時代劇。斎藤一などの実在する人物の絡ませかたもうまい。
95 行け! 稲中卓球部 古谷実 ヤングマガジン ナンセンス一辺倒だった青年誌ギャグに王道ギャグを復活させた功績は大きい。
96 ろくでなしBLUES 森田まさのり ジャンプ 長期連載のために後半は時代がズレてちとつらかった。名前がみなボクサーがらみ。
97 銀河―流れ星銀― 高橋よしひろ ジャンプ 世界で一人だけの犬漫画家が描く犬漫画の最高傑作。
98 機動警察パトレイバー ゆうきまさみ サンデー 作者はもうパトレイバーを描きたくないらしい。メカを描くのがしんどい。
99 よろしくメカドック 次原隆二 ジャンプ メカチューナーという一見地味な仕事が妙にカッコ良く見えた。
100 幽☆遊☆白書 富樫義博 ジャンプ 人気投票で「DRAGON BALL」を上回る快挙を成し遂げた。