天使のカンパネラ/ダイアナ湯川デビュー!

ダイアナ湯川は御巣鷹山で520名の犠牲者をだした日航機墜落事故で亡くなった日本人の父とイギリス人の 母の次女として、1985年9月、事故の約一ヵ月後に生まれた。「娘を音楽の道へ」という父の遺志のもと、5歳よりヴァイオリンを始め、 ニューヨーク・フィル、ロンドン・フィルのコンサートマスターを歴任したロドニー・フレンド(現ロンドン王立音楽院教授)に 8歳より師事、イギリスでは師フレンドの若手秘蔵っ子として注目を集め、栄誉ある賞を受賞している。ダイアナの演奏の特徴は ヨーロッパの伝統的な音楽語法・演奏法を身に付けていることで、技術偏重のメカニックな演奏とは無縁な、おおらかな音楽性を 感じさせる。名器ストラディヴァリから紡ぎ出す艶やかで豊潤な音楽は、その年齢からは信じられないほど深く、多彩なものである。 このCDではヴァイオリニストとしての資質を問われる難曲(ツィゴイネルワイゼン、ラ・カンパネラなど)から、叙情的で ロマンティックな歌心で聴き手を魅了する小品まで、それぞれの作品の個性を浮き彫りにしながら、初々しくピュアで、深い感動を 呼び起こす。 ダイアナ湯川画像
 
  1. テンポ・ディ・メヌエット
    (プニャーニのスタイルによる)(クライスラー)
  2. 踊る人形(ポルディーニ-クライスラー 編)
  3. ラ・カプリチオーサ(リース)
  4. 愛の挨拶(エルガー)
    2つのマズルカOp.19(ヴィエニャフスキ)
  5. オベルタスOp.19-1
  6. 旅芸人Op.19-2
  7. タイスの瞑想曲(マスネ)
  8. フラスキータ(レハール-クライスラー 編)
  9. メロディ(グルック-クライスラー 編)
  10. ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)
  11. 夢(大江 光)
  12. G線上のアリア(バッハ-ウィルへルミ 編)
  13. スペインのセレナード
    (グラズノフ-クライスラー 編)
  14. 道化師のセレナード(クライスラー)
  15. 愛の悲しみ(クライスラー)
  16. ラ・カンパネラ(パガニーニ-クライスラー 編)
  17. スキヤキ・ソング
    (中村八大:上を向いて歩こう-米倉香織 編)
  18. エレジー
    (牧野昭一:嗚呼御巣鷹山-米倉香織 編)
ダイアナ湯川画像
ダイアナ湯川(ヴァイオリン)
ナイジェル・クレイトン(ピアノ)


湯川サイン画像
このCDを日航機123便で亡くなった私のお父さんと犠牲者の方々に捧げます。
私のCDが、愛する人と家族を失った人々の悲しみを癒す助けとなれば幸いです。

ダイアナ湯川

2000年8月12日

御巣鷹山にて

http://www.dianayukawa.com/

 もとに戻る