メイド・イン・大分の美味
太田缶詰のサザエ味付缶詰 明治から続く関のこだわり缶詰
「新鮮なサザエは壷焼きか刺身」、という先入観を見事に打ち破ってくれるサザエ味付缶詰。
明治23年(1890)以来、初代からの味を守って作り続けられている隠れたロングセラーです。
佐賀関の海をはじめ、豊後水道の良質なサザエを、採ったその日のうちに加工。
秘伝の味つけは砂糖と醤油のバランスが絶妙で、サザエ特有の弾力もあって柔らかく、つい手が伸びる美味しさ。
一缶4200円の価格にまず驚き、味わってまた驚く感動の缶詰です。
「日本一の会社に」との思いを込めた富士山印が創業以来のトレードマークで、かつてはサザエの貝殻で貝ボタンを作り輸出もしていた。この母屋と土蔵、石倉は国の登録有形文化財。母屋の座敷では新鮮な魚介を使ったコース料理もいただける(要予約)
内臓は取り除き、身のみを贅沢に使っているため味がまろやかで、酒の肴にもご飯のおかずにもイケる。
残った汁は炊き込みご飯にすると二度楽しめる。
クリックして拡大画像
明治時代からあまり変わっていないというレトロなラベルも魅力的。1缶4200円。Lサイズで7~10個、Mサイズで10数個。贈答用の桐箱(1・2・3本入り)あり。地方発送可 太田缶詰:佐賀関町白木330-1
(097)575-0001
貝殻からくずさずに身を出し内臓をとりのぞくのは熟練を要する。作業にあたる女性たちは全員30年以上のベテラン揃い
TOPページお知らせのページ>太田缶詰