「たん」の自動吸引装置

「たん」の自動吸引装置 県内の医師ら開発 年度内市販へ動く

難病の筋委縮性側索硬化症(ALS)患者など、気管切開による人工呼吸管理が必要な人たちと、介護者の負担を解消する「たん」の自動吸引装置が、世界で初めて大分県内の医師とエンジニアによって開発された。気管にたまる「たん」は二十四時間、人の手による除去が必要だったが、医療環境が劇的に変わる。

これってすごいですよね、詳細は こちら >>>