日出町松屋寺のリュウゼツラン

リュウゼツラン
黄色の細長い花を咲かせている

日出町佐尾にある松屋寺のリュウゼツランが18日夕、開花した。60年、または100年に一度しか咲かないとされる珍しい花。松屋寺では約80年目の開花という。

リュウゼツランは、普段は竜の舌にたとえられる大型の葉だけだが、開花が近づくと、花茎が細長く5メートル以上伸びる。花茎からは多数のつぼみが束ねられたように生え、黄色の細長い花を咲かせている。

こちらも参考に
http://a3102.exblog.jp/2363035


リュウゼツラン