外観・意匠
ここは特に問題はありません、行数カウンタにチェックを入れる。
環境・仕様
デフォルトでいいですが、タブの設定はこうしたほうがいいでしょう。
色・背景色
特殊マーキング設定はこうしたほうがいいでしょう。
改行マークはお好みでどうぞ。
テンプレート
私の設定では、XHTMLになっています。
あとで出てくるメニューバーの設定でそうなったかもしれません。
オプション
オートセーブはしたほうがいいかもしれません。
左ドラッグで選択した部分を云々は使ってみると分かります。
標準設定
HTMLの標準設定はこのようにしてください。
色・背景色
わりと細かく設定できます。私は「Dreamweaver」風にしてます。
ビルダーの配色を設定してもいいでしょう。要するに見やすければOKです。
オプション
ここはデフォルトのままかもしれませんが、違ってたらこのように。
標準設定
ここはこの状態でOKです、もしかしたらデフォルトかもです。
FTP接続
残念ながら、1箇所しか設定できません。これは中央支部のサイトです。
複数のサイトを管理する場合、別途「FFFTP」が必要です。
ブラウザ
普通はいじらなくていいでしょう。
「Firefox」をインストールしている人はパスを通してください。
「Sleipnir」はツールバーのブラウザからは出来ません、スペシャルから立ち上げます。

ここからは、メニューバーの設定を表示しています。

編集
フォントサイズが12ptの場合、画面の右端で折り返すを選択したらいいでしょう。
私は、11ptで80文字で折り返しに設定しています。
フォントの設定は次の「表示」から行います。
ツールバー
私は、ツールバーはこれだけを表示しています。
ここの下から2番目にフォントの設定があります。
スペシャルサイドバー
私は、スペシャルサイドバーはこれだけ表示しています。
ブラウザ
スペシャルからです。ここで自分で定義したブラウザが使えます。
カスタム
HTML文法の設定で、「XHTML 1.0 Transitional」を選んでおいてください。