藤田洋三君が「世間遺産放浪記」を出版した

古い友達の写真家・藤田洋三君が3冊目の本を出した。

世間遺産放浪記

過去に「鏝絵放浪記」「藁塚放浪記」と傑作を出してきたが、今回それ以上の傑作だ。
今朝の新聞に石風社のCMがありトップにこの本が紹介されていた。
市街地の書店を探してやっと見つけた。
パラパラと一通り目を通したが、写真もさることながらキャプションがおもしろい。

『世間遺産放浪記』 藤田洋三著 
石風社 A5変 247頁 2415円

働き者の産業建築から小屋・屋根・壁、近代の擬洋風建築、職人・奇祭、無意識過剰な迷建築まで、庶民の手が生んだ実用の美の風景。沸騰する遺産ブームの中、見過ごされてきたもうひとつの遺産を全国に追う旅の記録。