LUMIX「DMC-LZ2」

小型なのに光学6倍/手ブレ補正/乾電池対応

LUMIXの新シリーズ「DMC-LZ2」が登場した。コンパクトボディならが光学6倍ズームを搭載し、同社おなじみの光学式手ブレ補正ジャイロも装備。乾電池対応も旅行などで便利。このスペックで実売約4万円もウレシイ500万画素機だ。

松下電器産業が2月25日に発売した新LUMIX「DMC-LZ2」のいちばんのセールスポイントは、「ルミックスDCバリオレンズ」と命名された新開発の光学6倍ズームである。これまでのLUMIXは、エントリー機からハイエンド機までのすべてにライカレンズを採用していたが、このDMC-LZ2に「ライカ」の文字はない。

pic
LUMIXとしては初めて「ライカ」ブランドを外した光学6倍ズームを搭載する。手ブレ補正機能は昨年の秋モデルと同等の性能だ

同じ日に新発売された光学12倍ズームの上位機「DMC-FZ5」のほうは、これまで通りライカレンズを名乗っているので、ライカと決別したわけではなさそうだ。また、ライセンス料などのコスト削減の意味もあるだろうが、それだけではない。

昨年の「DMC-FX7」のヒットにより、もはやライカブランドに頼らなくても、LUMIXブランドだけで通用するようになったからだろう。カメラマニアではない若い人にとっては「ライカ」といわれるよりも、「あゆのLUMIX」のほうが伝わりやすいはずだ。ライカブランドの価値が下がったわけではないが、家電メーカーのエントリーデジカメに採用されてからは、少しありがたみが薄れたのは皮肉な気がする。

この「ルミックスDCバリオレンズ」の魅力は、小型軽量ながら光学6倍という高倍率を備えることだ。焦点距離は、35ミリ換算で37~222ミリ相当になる。ワイド側こそ平凡だが、本体重量178グラムのコンパクトボディにしてテレ側222ミリは大したものである。36~180ミリ相当で150グラムのペンタックス「Optio SV」、36~300ミリ相当で255グラムのニコン「COOLPIX 4800」あたりがライバルになるだろう。

pic
光学6倍ズームは、着脱式のキャップではなく、オート開閉式のレンズバリアを備える。開放F値は、ワイド側F2.8、テレ側F4.5と標準的なもの。フィルター溝はなく、ワイコンやテレコンには対応していない

ライバルに勝るアドバンテージは、LUMIXではおなじみとなった光学式手ブレ補正ジャイロ「MEGA O.I.S.」を搭載することだ。どんなブレでも100%防げるわけではないが、ブレが目立つズームのテレ側使用時には特に重宝する。しかも、手ブレ補正に必要な電力はごくわずかなので、ジャイロがあるからといって困ることは何もない。

pic
上部の右端に手ブレ補正のボタンがある。手ブレ補正のモードやオンオフをひんぱんに切り替える人は少ないと思うが、このボタンには外見から機能をアピールする意味が含まれている
pic
手ブレ補正ボタンを押すと、補正が常時作動し、フレーミングがしやすい「MODE1」と、撮影の瞬間のみ作動し、より高い効果を得られる「MODE2」、およびOFFの3タイプを切り替えられる

端整なセンターレンズデザインを採用

ボディは黒と銀のカラーバリエーションがあるが、私のお気に入りは黒いほうだ。最初に銀のモデルを触った時は、ごく普通のエントリーデジカメという印象しか受けなかったが、その後に手にした黒のモデルからは価格以上の見栄えのよさを感じた。

pic
黒い外装の表面をよく見ると、ごく小さな銀色の粒があり、樹脂製ながらもメタリックな輝きを備えている

ガンメタルに塗装されたレンズの付け根部分の色や、印刷ではなく彫られた「LUMIX」や「L」のロゴマークがボディ全体の黒とうまくマッチしている。しかも、樹脂外装の割には、プラスチックっぽさを感じさせない質感がある。

ボディの奥行きは32.9ミリ、レンズ部の突起を含めると40ミリ以上になり、今の基準ではスリムとはいえない。ただし、光学6倍ズームや単3形電池2本という仕様を考慮すれば、非常にコンパクトだ。

pic
グリップは小さめだが、これ以上大きくすると大柄な印象になる。ホールド性と携帯性の折り合いを付けたグリップのデザインだ

レンズをボディの中央に配置した、昔ながらのコンパクトカメラデザインは悪くないと思う。仮に、このボディサイズで今どきのデジカメのようなレンズが端に寄ったデザインだとすれば、バランスが悪く、レンズの大きさが目立ってしまうだろう。

上部の電源スイッチを入れると、レンズバリアが開き、レンズが約22ミリほどせり出す。約1.8秒の起動時間は、高倍率ズーム機としては好成績だ。AFのスピードや撮影間隔についても大きなストレスは感じない。ただし、AFの作動時には、必ずいったんピントがボケてから距離を測り、ピントが合う。この点には少し戸惑いもある。

pic
ズームレンズをテレ側にすると、さらにレンズがせり出す。ズームのステップ数は20段階と比較的細かいので、微妙な焦点調節も可能だ

AFは、メニューの設定から5点、3点、1点、スポットの4モードを選択でき、マクロモードおよび、かんたんモードではズームのワイド側で最短5cm、テレ側で50cmまでにピントが合う。テレマクロの性能は優秀なレベルだ。

pic
AFモードの選択画面。5点、3点、1点、スポットの4モードを選べるが、AF測距点の任意選択には対応しない。メニューのインタフェースや基本機能は、DMC-FX2/7などを踏襲する

旅行にも役立つ単3形電池対応の小型ボディ

機能と操作性については、多くの部分をDMC-FX2/7から受け継いでいる。撮影モードは、かんたん、通常撮影、エコ、マクロ、シーン1、シーン2、動画の7モードが用意される。かんたんモードとは、機能を絞ったビギナー向けのモードであり、エコモードとは液晶輝度を押さえた省電力モードのことだ。

pic
AFモードの選択画面。5点、3点、1点、スポットの4モードを選べるが、AF測距点の任意選択には対応しない。メニューのインタフェースや基本機能は、DMC-FX2/7などを踏襲する

シーンモードでは、ポートレート、パーティ、雪など8シーンを選択でき、連写モードでは、最大秒間3コマのスピードで連続3コマ(ファイン)の連写ができる。またフリー連写モードでは、低速ながらカード容量までの連写に対応する。

pic
シーンモードの選択メニューで十字の左ボタンを押すと、選んだシーンモードの意味や撮影の注意点を解説するヘルプ画面が表示される

背面の十字ボタンの上を押すと、露出補正、オートブラケット、ホワイトバランスの微調整の各画面に順にアクセスでき、十字の左ではセルフタイマー、右ではストロボモード、下ではクイックレビューをそれぞれ設定できる。

上位のFZシリーズとは異なり、絞りやシャッター速度の設定には対応しないが、特に問題はないだろう。もの足りなく感じるのは、動画モードのサイズが 320×240ピクセルと平凡なことだ。動画記録中にも手ブレ補正は有効だが、撮影中はズームやAFが固定される。しかも、動画に音声は付くが、スピーカがないので本体で再生する場合は無音だ。

撮像素子には1/2.5インチの500万画素CCDを、画像処理にはヴィーナスエンジンプラスをそれぞれ採用する。ヴィーナスエンジンプラスとは、従来のヴィーナスエンジンIIの性能を受け継ぎながら、省電力性を高めた新エンジンである。

発色はクリアで、彩度とシャープネスがほどよく強調されているので、そのまま印刷する用途にも最適だ。画質調整メニューから、さらに鮮やかさを強調した「ヴィヴィッド」や、落ち着いた色調になる「ナチュラル」にも切り替えられる。

不満はISO400の画質だ。ノイズが多くなり、解像感はかなり低くなる。従来のDMC-FX7と同程度なので、本モデルだけの弱点とはいえないが、高感度の画質は今後の改良に期待したい。仮に、高感度の画質がもっときれいになれば、手ブレ補正の魅力と合わせて鬼に金棒になるはずだ。

電源に単3形電池を使える点は、FXシリーズやFZシリーズにはないメリットだ。ちょうど試用期間に海外にも持参したが、充電器を持たなくても済むことや、売店やコンビニで電池を手軽に入手できる点はやはり助かる。こんなことは書くまでもなく、スペックを見れば分ることだが、実際に旅行に持っていき、そのありがたみを痛感した。

pic
電源には、単3形電池2本を使用する。CIPA準拠の電池寿命はアルカリ電池で約100枚、オキシライド電池で約170枚、ニッケル水素電池で約240枚となる
pic
セットアップメニューにある電池設定の画面。残量を正しく表示するためには、使用する電池を選択しておく必要がある

その旅行には数台のデジカメを持参したが、一眼レフ機以外ではこのDMC-LZ2が最も活躍した。光学6倍ズーム、手ブレ補正、小型ボディ、単3電池対応というメリットを兼ね備えるのは本モデルだけだからだ。