【トリニータ】ナビスコ杯、夢の国立決勝へ

2008/09/08 大分合同新聞

pic
ナビスコ杯決勝進出を決め、円陣を組んで喜びを爆発させる選手=7日午後、九石ドーム

大分トリニータは7日、大分市の九州石油ドームでJリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ準決勝第2戦を行い、名古屋グランパスと対戦。後半4分、MF鈴木のパスを受けたFWウェズレイが右足で先制。名古屋の反撃をチーム一丸となって守り抜き、1-0で完封勝ちした。

第1戦を1-1で引き分けた大分はホーム&アウェー2試合の勝利数で名古屋を上回り、初の決勝進出を決めた。決勝は11月1日、東京・国立競技場であり、清水エスパルスと対戦する。