ダイヤモンド・オンラインの週刊・上杉隆で上杉隆氏が筑紫哲也氏について語っていた。
私が感じていたことにも触れているので全文を引用します。

ダイヤモンド・オンライン 週刊・上杉隆

筑紫哲也氏は本当に賞賛すべきジャーナリストだったのか

11月7日、ジャーナリストの筑紫哲也氏が亡くなった。ヘビースモーカーらしく死因は肺ガンだという。1年半に及ぶ闘病生活の末の永眠、73歳だった。

翌日から、テレビでは追悼番組が流され、新聞では氏の功績を称える記事が掲載される。

  「硬骨漢のジャーナリスト」、「弱者の味方」という言葉が躍り、文字通り、絶賛の嵐である。

確かに、朝日新聞記者からスタートし、政治部記者、海外特派員、朝日ジャーナル編集長、ニュースキャスターと歩んできたその経歴を振り返れば、さもありなんであろう。

だが、正直に告白すれば、筆者にはどうしてもその種の報道がしっくりこない。

基本的に、日本社会は「死者への鞭打ち」をタブーとしている。中国春秋時代、楚の平王の死体に鞭打った故事に倣い、権力者といえども、死者は尊厳をもって扱われるべきという観念は、いまなお日本社会にも通念している。

確かに、反論のできない死者に対して、一方的な批判を繰り出すのはフェアでないに違いない。

しかし、一般人ならばそれでいいのかもしれないが、自らも他人に対して厳しい批判を繰り出していたジャーナリストという職業となると、そうもいかない。厳しい仕事ではあるが、その実績については、是々非々で検証されるべきであろう。それが却って、筑紫氏の功績を輝かせることに繋がると筆者は信じる。

日本で唯一のキャスターと言われたが

6年前、筆者はその筑紫氏へのインタビューを行った。正確には、月刊誌『現代』(2003年2月号)の記事(「寡黙なカリスマへの大いなる疑問 筑紫哲也はニュース番組を迷走させる」)の中で、筑紫氏の反論が必要となって、電話取材で話を聞いたことだ。

  「『君臨すれども統治せず』というのが、番組開始以来の私の一貫した姿勢です」

当時、筆者にこう語った筑紫氏だが、まさしくこの言葉こそ、筑紫氏の目指してきた報道番組の精神を指し示すものである。

筑紫哲也氏は本当に賞賛すべきジャーナリストだったのか

1989年に始まった「筑紫哲也のNEWS23」は、本格的なニュース番組として、当時の放送界の注目を集めていた。

すでに4年前には、久米宏氏の司会による「ニュースステーション」が始まっていたが、久米氏自身が「自分は司会者です」と明言していたように、正しい意味でのニュースキャスターはまだ日本には存在しなかった。

世界のジャーナリズムの常識から言えば、“キャスター”や“アンカーパーソン”といった言葉が示す通り、編集権を持ったジャーナリストのみが、番組の「錨」となることが認められている。そうしたキャスターがラインナップを決めることで、自身の主張を発信する、と視聴者には見られていた。それゆえ、キャスターには、相応の取材経験や編集経験が資格の前提条件として求められるのだ。

その言に従えば、のちに蟹瀬誠一氏や鳥越俊太郎氏が参戦するものの、当時は、筑紫氏が唯一の「ニュースキャスター」ともいえただろう。

にもかかわらず、強力な編集権を持つはずのキャスターにしては、筑紫氏は少し遠慮しすぎていたように思えた。それは筆者の主観に違いない。だが、結果として、それが報道番組とは言いがたい、日本特有の「ニュース番組」の乱立を許す結果になってしまったのではないか。

“梯子の一番上”にいつでも接触できた筑紫氏

  「たとえば現在特集している『スローライフ』などといったテーマに沿った議論は、スタッフの間でどんどんすればいいのではないかと考えています」(筑紫氏)

筑紫氏の功績は決して小さくない。

  「多事争論」のように、米国のジャーナリズムにも見られないような「キャスターコラム」を導入したり、クリントン大統領や江沢民国家主席などの外国首脳を番組に呼んだりしたのも、おそらく筑紫氏が初めてだろう。

そういった意味では、日本のジャーナリズム界における先駆者であることは疑いないのである。

だが、先駆者ゆえに、後には、自らが危惧し、警告していた陥穽に嵌ってしまうという皮肉すら演じている。それは、次の言葉で顕著だ。

<ジャーナリストとして何を見、何を見ないかがむずかしいことを彼はわきまえてはいたが、ほとんど自動的に肩書と地位のある人たちを信用していた。それはスーパースターになってしまったジャーナリストにつきまとう、大変な危険であった。現場でのきびしい固めをする前に、いきなり梯子の一番上のほうにいつでも接触できる>(『メディアの権力』デイビッド・ハルバースタム著 筑紫哲也ほか訳 サイマル出版会)

筑紫氏の訳したハルバースタムの言葉は、結局、晩年の彼自身に当てはまりはしなかったか。

筑紫哲也氏は本当に賞賛すべきジャーナリストだったのか

  「ニュース23」のキャスターとしての筑紫氏の現地取材は、記者やスタッフのお膳立てしたものがほとんどであった。彼のライフワークであった沖縄取材ですら、現地に先乗りしたディレクターが当たりをつけて、インタビューする相手を探し出し、それから筑紫氏が乗り込むといった具合であった。

永田町取材に関してはもっとひどい。記者クラブを批判しながら、記者クラブのパスで記者会見に出席する。かと思えば、赤坂TBSの目と鼻の先にある国会に通う彼の姿を見かけた者はほとんどいない。いや正確には、たまにある。だが、それは国会ではなく、首相官邸だ。なぜなら、当時の小泉純一郎首相と、オペラなどの音楽談義に華を咲かすために放送前に数回そこに通ったのだ。

そして、極めて残念なことに、内閣総理大臣とのそうした会話の内容が、夜の放送に活かされることはほとんどなかった。

ジャーナリストとしての姿勢は「甘い」と言わざるを得ない

このように「梯子の一番上のジャーナリスト」になってしまった筑紫氏に、筆者がインタビューの中で尋ねたかったことは、友情関係を結んだ政治家との距離感をどう考えるかという一点だった。

  「泥棒にも三分の理があると思う。僕はたいていの人について情に流されることがあるのは確かで、とくに田中(真紀子)さん、辻元(清美)さんなどの友人についてそうであるのは認めます。しかし、女性が政治の舞台に出た場合、ハンディを背負っているのは考えてあげるべきで、つねづねそのような取材対象に『甘い』という批判があるのは知っています。しかし、それが僕のやり方であって厳しい質問を浴びせるようなハードなこの職業のルールに準じることはできない。その意味では、あなた(上杉)がおっしゃるように失格であります」

いかなる時でも仕事のルールよりも、友情関係を優先させる優しさこそが筑紫氏の真骨頂である。それが彼の人徳のなせる業であるのも確かだ。

だが、ジャーナリズムは、筑紫氏の友人を「女性だから」という理由で攻撃したわけではない。政治家、とりわけ一般人よりもはるかに強い権力を持つ公人だからこそ、権力のチェック機能を働かせて批判してきたのだ。その点で、筑紫氏のジャーナリストとしての姿勢は「甘い」といわざるを得ないのではないか。

筑紫氏の功績は揺るがない。だからこそ、負の部分にも焦点を当てることが必要なのだ。それが筆者を始め、後に続くジャーナリストたちにとっての最高の教材になるはずだ。

筑紫氏のジャーナリストとしての仕事を認めるならば、日本のメディア、とくに朝日新聞とTBSには、是々非々の検証が求められているのではないか。

11月8日の私のブログ記事