秀丸メールの設定

メニューバーの「設定」>「アカウント毎の設定」では、サーバに残さない、残す場合は時間設定ができます。
鶴亀メールを新しく導入する場合にサーバに残しておけば今までのメーラーでもDLできます。
今までのメールのデータの移動は「ヘルプ」を見てください。
エクスポート、インポートを利用します。
移動が完了したらひとつひとつアドレス帳に登録できます。

メニューバーの「設定」>「全般的な設定」

基本

データのホームディレクトリは普通に「My Documents」を指定します。
私の場合は、Eドライブにあるのでこうなっています。
はじめは標準のメールソフトのチェックは入れないほうがいいでしょう。

ウィンドウ

添付ファイルのところを変えました。

ウィンドウ-カラー

デフォルトのままです。

枠のタイトルバー

アイコンサイズ

メール一覧

メール一覧

メール一覧

メール一覧

表示範囲

スレッド表示

スレッド表示-詳細

右ボタンメニュー

未読メール

未読メール

フォルダ

フォルダ

送受信

送受信-詳細

ダアップ接続

定期受信

メール表示

表示関係

その他

ヘッダ

ウィルス対策

ウィルス対策

迷惑メール

迷惑メール

メニューバーの「設定」>「アカウント毎の設定」

個人情報

個人情報

メールサーバ

メールサーバ-詳細

二次SMTP

SSLでの証明書

トラブル対策

POP3

IMAP4

振り分け

振り分け