こんな情報がありました。

フラッシュは使わない。
三脚を使うなど“手ブレ”を防ぐ。
フラッシュはイルミネーションの光を相殺してしまうので、設定はオフに。フラッシュをオフにすることでシャッタースピードが遅くなり手ブレしやすくなるので、三脚などを使って手ブレを防ぎます。三脚がない場合は、腕をフェンスなどに置いて動かないようにする、机や地面など平らな所にカメラを置くなどの工夫をしてみましょう。平らな場所に置いたまま、カメラのセルフタイマー機能を使って撮影する方法もあります。またホワイトバランスは「太陽光」や「屋外」に設定すると、電飾の色がより鮮やかに写ります。
イルミネーションの輝きをよりゴージャスに撮るには?
イルミネーションの光をより輝かせて写すには、「露出補正」の設定に注目してみましょう。露出補正でプラス補正を行い、数値を上げると明るく写ります。イルミネーションを撮影する場合は、+1.0あたりに設定するのがオススメ。より華やいだ雰囲気になります。またレンズに息を吹きかけて曇らせることで、ソフトフィルターを使って撮影したような少しぼやけた写真に仕上げることもできます。 そしてカメラの設定はもちろんですが、撮影時の「構図」の切り方も工夫したいところ。例えば並木道のイルミネーションを撮影する場合、少し斜めから奥行きの空間をとらえて撮るのと平面から撮るのでは全く印象が変わります。全体の風景が絵になる場合は、少し離れて全体が収まるように撮るのもアリです。
人物とイルミネーションを一緒に撮る場合
イルミネーションを背景に人物を写す場合は、背景と人物の顔の明るさのバランスに注意します、最も簡単なのは、カメラに付いている「夜景ポートレートモード」を使う方法。どうしても暗くなってしまう場合は、携帯電話の画面の光や近くの店の明かりを利用するという手も。またイルミネーション自体にグッと近づいてその光を生かしてみると、電飾の色を生かした幻想的な写真になります。